台風シーズンも近いので・・・

台風シーズンが来ると、数年前に東京から熊本に飛行機で帰る時に、隣り合わせたおじさんを思い出す。


熊本空港は、山の上の空港でよくよく気流が乱れて着陸時に揺れる。
今日も、揺れるのかなぁと思い何気なく隣席を見ると、おじさんが熱心に読書中。
その熱心さたるや、カラーラインマーカーを3つも使って、「大事」なところへせっせと線引きしている・・・・って殆ど全行線引きしとるやないかい!?・・・あ~ぁページは色だらけ。思わずクスリとした私とおじさんの目が合っちまった。

すると、おじさん人懐っこい満円の笑みを浮かべて、
「私は、気功を研究しとるとです」と西郷隆盛みたいな顔と体型で体をゆさゆさしながら喜々として語りだす。
「へぇ~」「あ~そぅなんですかぁ」などと適当に生徒していた私は、タイミングを見計らって眠りに逃げた。
・・・・・

しばらくして、着陸前の乱気流を体に感じると同時に隣席のただならぬ気配を感じた私が、 左目をうっすらと開けて様子を窺うと・・・
となりのおじさんが、両手を前に突き出しヤッ、トッと声を出しつつ踊っていらっしゃる。

思わず、目を見開き「ヤバイ」と思った瞬間、あ~ぁまた目が合っちまった。

おじさんは私を一瞥し、「私の気で揺れを抑えておるとですよ」と気合十分。私にかまっている場合ではないとばかりに再び中空に視線を戻し踊り?を続ける。
飛行機が揺れる度、私たち乗客乗員の安全のために、それを自らの手のひらから発する「気」で制御してくれているのですね・・・。
そう云えばまるで見えない球体のハンドルを操作しているように見えない事もない。

大急ぎで再度眠りに逃げ込む私。しかし、眠れるはずもない・・。
気の毒なのは、アテンドさんである。
私たちの席は非常口のところで、アテンドさんが私たちと向かい合って座っている。彼女は、凍てついた表情を西郷ドンに悟られまいと、また、私のように不用意に目を合わせてはなるいと、左足元に目線を伏せて身を固くしている。(ひょっとすると笑いを堪えていたのかも)

やがて、飛行機は風に煽られながらも無事に着陸した。
おじさんは、ごつい腕で、額の汗を拭いとり大きく安堵の吐息を吐き、シートに背を持たせかけて、私に向かって満円の笑みを送ってくる。
その表情は、乗客乗員数百名の命を救った満足感で充たされていた。
おじさん・・・ありがとう。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    ボーンチャイナ (木曜日, 01 10月 2009 20:06)

    すみません・・。どうしても私が書きこむとこんな風にタイトルと見出しと文章が上手く入れられません。
    皆さんごめんなさい!!

  • #2

    淳之介 (木曜日, 01 10月 2009 20:31)

    勝ってに直しておきました〜^^;

    気功で気候を制すおじさん!!凄いです!!
    座席もばっちりで凄いです!!!

    今回の台風はでかいですな〜
    浮き球大丈夫かな〜

  • #3

    ボーンチャイナ (金曜日, 02 10月 2009 18:28)

    いつも手直しありがとうございます。
    凄いおじさんでしょ?私の命の恩人です(笑)

    浮き玉当日天気であって欲しいですなぁ。

  • #4

    いちご (金曜日, 02 10月 2009 21:41)

    人を救おうという善意に感動しちゃう。
    こういう人嫌いじゃない(≧m≦)むしろ好き

    ただ、友達になれないだけで(笑)

    そしてボーンチャイナさんの立場になったら。。。
    やっぱり眠りに逃げるわ(≧ⅴ≦)

  • #5

    ボーンチャイナ (月曜日, 05 10月 2009 18:38)

    いちごさん

    おっさんのムダ話にコメント頂きありがとうございます!
    ・・・確かに友達にはなれませんが、
    「良い人」なのでしょうね。
    ・・見せたかったですよ、あの真剣さ(笑)

  • #6

    ED治療 (火曜日, 12 5月 2015 02:35)

    「そう。お前は、ココで俺と繋がるんだよ」